2016年07月17日

仮想通貨でID密売、自動削除で隠蔽か?

他人のネットバンキングIDなどの密売に仮想通貨ビットコイン(BTC)が悪用された事件で、
警視庁に窃盗容疑で逮捕された岐阜市の自営業の容疑者(29)が、
IDなどを密売した際、閲覧するたびにメッセージが消える「ワンタイムシークレット」と呼ばれる自動削除サービスを使っていたことが、
同庁幹部への取材でわかった。
同庁は密売の発覚を免れるためだったとみて調べている。

同庁幹部によると、同サービスは、作成したメッセージの保存場所を示すアドレスを相手に送り、
受信者が一度閲覧するとメッセージが消える仕組み。サーバーにも記録が残らず、通常は個人情報の共有などに活用されている。

読売新聞 2016年7月16日
posted by networksecurity at 19:35| 詐欺

2015年11月08日

空き部屋サイトで物色…不正購入品受け取り

誰もいないはずの部屋にある日突然、大量の荷物が届けられる――。警察に摘発された窃盗グループは、空き部屋情報を不動産業者向けの専門サイトで入手し、不正購入した商品を受け取っていた。
専門サイトのパスワードなどを長期間変えていない業者も多く、国土交通省は注意を呼び掛けている。

昨年11月20日午前、福岡市内の閑静な住宅街にあるマンション3階の部屋の中に不審な人影があった。ネット通販の商品を届けに来た配達員の女性(53)が呼び鈴を鳴らすと、若い男が玄関から顔を出した。

玄関には物が何もなく、カーテンもない。「引っ越しは終わったんですか」と聞くと、受取人の名前は日本人なのに日本語の発音が変だった。「絶対におかしい」と管理会社に電話すると、「その部屋は空き部屋のはず」と驚かれた。

読売新聞 2015年11月7日
posted by networksecurity at 19:08| 詐欺

2014年10月23日

<賠償提訴>東京の債権者ら、ビットコイン消失で

インターネット上の仮想通貨「ビットコイン」の取引所を運営する「マウント・ゴックス」(東京都渋谷区、破産手続き中)から大量のビットコインが消失した問題で、東京都の債権者の男性3人が、マルク・カルプレス社長に約2350万円の賠償を求めた訴訟を東京地裁に起こしていたことが分かった。

訴状によると、マウント社はビットコインの売買を行うオンライン交換取引所を運営していたが、今年2月に利用者と同社が保有する約85万ビットコイン(当時のレートで約114億円相当)が消失したと発表。東京地裁は4月に破産手続き開始を決定した。

カルプレス社長は消失の原因を「取引所システムが脆弱(ぜいじゃく)で、不正引き出しがあった」と説明していたが、債権者側は「社長はビットコインの安全を確保すべきだったのに、何ら措置を講じず会社を破綻させた」などと主張している。社長側の代理人は「現在、主張を整理している」としている。

毎日新聞 2014年10月22日
posted by networksecurity at 21:19| 詐欺

2014年10月13日

出会い系サイト装い詐取容疑、被害15億円か

出会い系サイトを装い、女性から約30万円をだまし取ったとして、大阪府警捜査2課は10日、サイト運営会社経営者と従業員の男5人を詐欺容疑で逮捕した、と発表した。
高額な利用料を払わせ、「サクラ役」のアルバイトとメールさせる手口で、府警は容疑者らが2008年以降、全国約1000人から15億円を集めたとみている。

大阪市中央区のビルの一室で、アルバイトの男女12人がパソコンで会員に返信メールを送っていたといい、府警は被害者の大半が女性とみて調べている。

読売新聞 2014年10月11日
posted by networksecurity at 13:22| 詐欺

2013年09月19日

LINE相手から160万円=詐欺容疑で女逮捕―愛知県警

スマートフォン用アプリのLINE(ライン)で連絡を取り合っていた男性から160万円をだまし取ったとして、愛知県警津島署は18日、詐欺の疑いで、同県愛西市の風俗店アルバイトの女を逮捕した。「返すつもりだった」と否認しているという。
逮捕容疑は6月10〜14日、LINEで連絡していた会社員男性に「ヤミ金融から借りたら身ぐるみ剥がされる。必ず返すから貸してほしい」などと偽り、3回にわたって金を振り込ませた疑い。
津島署によると、2人は数日前に「出会い系」と呼ばれる別のアプリで知り合ったばかりで、「友達が入院して金が必要」と言われた男性は、一度も会わぬまま振り込んでいた。女が返済に応じないため、男性が6月末に同署に相談した。 

時事通信 2013年9月18日
posted by networksecurity at 08:28| 詐欺

2013年06月24日

サクラサイト詐欺、損賠求め28人一斉提訴へ

もうけ話や芸能人とのメール交換を持ちかけてインターネットの専用サイトに誘い込み、高額な利用料を請求する「サクラサイト」で金をだまし取られたとして、名古屋市内の男女2人が24日、東京都内のサイト運営業者2社を相手取り、計約270万円の損害賠償を求め、名古屋地裁などに提訴した。

弁護団によると、この2人を含め、埼玉など5県で28人が同日、総額約4500万円を求めて一斉に提訴するという。

訴状によると、名古屋市内の60歳代の男性は2011年5月、インターネットのサイトから「支援金約2000万円が届いている」というメールを受け取った。サイトでは支援金を受け取るために手数料が必要と指示され、同年12月までに計約470万円を支払った。弁護団が業者に返還を求めたが、返済されたのは約320万円にとどまっている。また、同市内の30代の女性も同様の内容のメールを受け取って、約100万円をだまし取られたという。

読売新聞 2013年6月24日
posted by networksecurity at 20:49| 詐欺

2013年05月09日

クレジット金融で高金利容疑=アダルトサイト運営者ら逮捕―埼玉県警

アダルトサイトの利用客にクレジットカードで無価値な石を法外な料金で購入させ、得た金を高金利で貸し付けてサイト閲覧料として支払わせたとして、埼玉県警は9日、出資法違反容疑で東京都荒川区のサイト運営会社社長ら6人を逮捕した。いずれも「商品売買で、貸し付けではない」などと話し、容疑を否認しているという。

県警によると、容疑者らはアダルトサイト利用客に閲覧料として、年間約20万円を請求。支払えない客に対し、1個十数円の石を30万円でクレジット決済させた上、うち20万円を現金で貸し付け、サイト閲覧料として支払わせていた。残る10万円は金利として取っていたという。
県警はクレジット金融で、全国の約200人から金利として計約7000万円を受け取ったとみて、捜査を進める。 

時事通信 2013年5月9日
posted by networksecurity at 20:46| 詐欺

2013年04月18日

<LINE>つつもたせ 男子学生9万円奪われる

18日午前0時半ごろ、大阪市城東区の公園で、中国籍の男子大学生が男3人から殴る蹴るなどの暴行を受け、現金約9万円入りの財布と携帯電話を奪われた。学生は顔や胸などに軽傷。無料通話アプリ「LINE(ライン)」で知り合った女に呼び出されており、大阪府警城東署は強盗致傷容疑で捜査している。

警察によると、学生は17日に女とLINEを通じて知り合い、交際をほのめかすようなやりとりをしていたという。18日午前0時すぎ、「お金を貸してほしい」と自宅近くの公園に呼び出され、女と会ったところ、男3人が突然現れ、約20分間暴行された。

毎日新聞 2013年4月18日
posted by networksecurity at 20:07| 詐欺

2013年01月19日

迷惑メール送付で6容疑者を逮捕…愛知県警

迷惑メールを送ったなどとして愛知県警西署などは18日、都内の出会い系サイト運営会社社長ら男女6人を特定商取引法違反の疑いで逮捕した。全員が容疑を否認しているという。

容疑は、6人は共謀して11年7月29日、名古屋市の男性へサイトに誘導する広告メールを勝手に送付(未承諾電子メール広告の提供)、サイトでは、ほとんどのメールを女性会員を装った男性従業員が作成しているのに、広告には女性と出会えるうえに、50万円以上の金銭がもらえるという事実に反する記載をした(誇大広告)などとしている。

容疑者らは名簿業者からメールアドレス約1億400万件を入手し、携帯電話会社のシステムをかいくぐる仕組みで迷惑メールを送りつけていた。09年8月〜11年12月、サイトに誘導されるなどした人たちから利用料など計約1億500万円を取っていたという。

毎日新聞 2013年1月19日
posted by networksecurity at 08:35| 詐欺

2013年01月18日

「余命少ないので1億円あげる」偽SNSで課金 1億9千万円詐欺で男2人逮捕

「1億円を差し上げます」とうたって、偽のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)サイトの利用料金を詐取したとして、警視庁サイバー犯罪対策課は、詐欺容疑で、東京都新宿区西新宿IT会社社員と日野市の同社元社員の両容疑者を逮捕した。同課によると、2人とも容疑を否認している。

容疑者らは動画投稿サイトなどで「宝くじで2億円当たったが、余命が少なく身内もないので1億円を誰かに差し上げます」とメッセージを配信し、偽のSNSサイトに誘導。閲覧者がメッセージを送受信するたびに料金を徴収していた。平成22年7月から同様の手口で、全国の男女約2千人から1億9千万円をだまし取っていたとみている。

逮捕容疑は大阪府の20代の男性会社員を偽のSNSサイトに登録させた上で、24年4〜5月に377回にわたってメッセージを送受信させ、計16万4千円を振り込ませてだまし取ったとしている。

産経新聞 2013年1月18日
posted by networksecurity at 21:56| 詐欺