2013年04月29日

防衛次官の私用「Gメール」に不正侵入

防衛省の西正典次官が私用で使っていたメールサービスのアカウントが3月下旬、何者かに不正侵入され、複数の同省関係者らにウイルス付きメールが送信されていたことが、同省幹部への取材でわかった。
同省幹部は「私用の連絡に使っていたメールなので、機密情報の流出は確認されていない」としている。

同省幹部によると、西次官が利用していたのは、米グーグル社が提供する「Gメール」。何者かにパスワードを盗み取られ、不正侵入された可能性が高いという。添付されていたウイルスの機能は不明というが、西次官は警視庁に相談するとともに、メールの送信先に開封しないよう伝えた。

西次官は同省の調査に、「このメールでは重要な情報は取り扱っていない」と説明しているという。

読売新聞 2013年4月28日
posted by networksecurity at 08:50| 不正アクセス