2013年03月13日

顧客情報悪用、被害総額2千万円に 京都

全国の地銀13行が参加しNTTデータ(東京都)が運営する「地銀共同センター」の顧客情報を悪用して現金が不正に引き出された事件で、府警捜査3課などは12日、キャッシュカードを偽造するなどしたとして、支払用カード電磁的記録不正作出容疑などで、横浜市西区平沼のコンピューターシステム会社の派遣社員の被告を追送検し、捜査を終結したと発表した。全国12金融機関24口座から52回、計約2千万円の現金を不正に引き出したとみられる。

産経新聞 2013年3月13日
posted by networksecurity at 21:04| 個人情報