2011年12月15日

不正アクセス行為を重罰化、警察庁長官が表明

警察庁の片桐長官は15日の定例記者会見で、インターネットバンキングで他人の暗証番号を盗み取る不正が相次いでいることに触れ、「(個人情報をだまし取る)フィッシングサイトを公開すること自体を犯罪にすることや、不正アクセス行為をより重罰化することを検討している」と述べ、来年の通常国会に不正アクセス禁止法の改正案を提出する方針を示した。

売新聞 12月15日
posted by networksecurity at 21:58| サイバー攻撃